こんな症状ありませんか

目の症状チェックリスト

  • ゴロゴロする、乾く、かすむ、時々痛む、痛い
  • 朝起きると、目やにがでる、目があかない
  • 目やにがでる、しょぼしょぼする、涙っぽい
  • 夕方になると目が疲れる、見えづらい
  • PCやスマートフォンを長時間使用している
  • 目の疲れ、目の鈍痛、頭痛、肩こりが時々ある

  • アレルギーや花粉症がある、目のかゆみ、充血、はれ、ゴロゴロ感がある。
  • 充血、目やに、赤み、まぶたの腫れ、できものができた

  • 老眼がでてきた
  • 手元が見づらい、新聞やスマートフォンの小さい文字が見えづらい
  • 遠くのものが見えづらい、ぼやける、二重にみえる時がある
  • 学校検診や健康診断で視力低下を指摘された
  • 最近、以前と比べ、視力が落ちてきた気がする
  • 夜間や雨の日の運転に少し不安がある
  • 運転免許の更新を控えている

  • 白内障、緑内障が心配
  • まぶしい、かすむ、ぼやける
  • 黒いゴミが飛んでみえる(飛蚊症)、視野が狭くなった気がする(緑内障)
  • ものが、ゆがんでみえる、はっきり見えない
  • 目薬がなくなった
  • メガネが合わない気がする
  • コンタクトレンズの検査、処方、装用練習

  • 以前、眼科に通院していたが、治療を中断してしまっていた
  • 手術の相談
  • 手術後、しばらく眼科にかかっていない
  • 検診、紹介状、診断書、他院よりのセカンドオピニオン等
  • 目についての全般的な健康相談、目の検診

症状チェック頂きありがとうございます。
これらの症状は目の疲労や加齢によるものも認められますが、中には病気のサインの場合もあります。症状が持続する場合はぜひ一度、眼科の精密検査を受けてください。

診療内容

診療内容

メガネ、コンタクトレンズ、近視、遠視、老眼、眼精疲労、ドライアイ、花粉症、結膜炎、ものもらい、飛蚊症、けいれん、生活習慣病、小児眼科、外傷、打撲、白内障、緑内障、網膜症、黄斑疾患、斜視、弱視等の眼科一般診療。及び、健康診断、学校検診、人間ドック等での精密検査、他院からのセカンドオピニオン、その他、目についての健康相談等。正確丁寧な眼科医療を行います。

目の健康維持のために

当院では患者さまに寄り添い、患者さまと一緒に病気を治していくという姿勢で、日々医療に取り組んでおります。また、眼の疾患の中には、一度の治療や手術で治癒できるものばかりではなく、緑内障や網膜症をはじめとした生涯付き合っていかなくてはならないものも多くあります。当院では患者さまが、今後どこの医療施設に行かれても“正しい知識”をもって、“意味のある正しい治療”を、納得して続けていけるように、受診される皆様にわかりやすく丁寧に、病気や治療法、ご自身の状態を説明することを心がけております。長い人生において、それが患者さまにとって生涯にわたる目の健康を守ることにつながる、”最も有益なこと”であると確信しているからです。

目について大切なこと

目はいつまでもみえるもの。誰もがそう思っているものですが、老化や障害は誰にでも起こる可能性があります。人間の“五感”の中で嗅覚や聴覚はもちろん大切な情報源ですが、“視覚”は情報の90%以上を得るといわれている最も重要な感覚器官であるといえます。

美しい景色、青い空、綺麗な夜景に感動する。家族や子供、仲間の笑顔をみる。日々の仕事勉強でPC、書類に集中して取り組む。TV映画読書をしてリラックスして過ごす。これらすべてが目の働きのおかげです。もし、目の機能が低下してしまうと日常生活への影響は大変に大きく、それだけに、目の健康には日頃からよく気を付けておく必要があります。目の病気の中には、大きく病状が進行してからでないと自覚症状が現れにくいものが多くあり、日頃からのケア、早期発見・早期治療がとても大切です。

白内障の症状と治療

白内障の症状と治療
  • 白内障は目の中にあるレンズ(水晶体)が加齢や紫外線、糖尿病などの要因により混濁する病気です。この、カメラでいうレンズの役割をしている水晶体が濁ることにより、視力の低下や、かすみ、まぶしさ(羞明)、二重に見える、などの見えづらさが生じます。
  • 白内障の程度が軽度の場合や、日常生活に支障がない程度であれば、まずは、点眼薬を使用し、白内障の進行を抑えます。
  • 白内障が進行した場合は、視力低下が進み、メガネ等でも視力の矯正が困難になります。日常生活に不自由を感じるような場合は、適切なタイミングをみて手術を行います。
▶︎白内障手術詳細

花粉症・アレルギー性結膜炎

アレルギー、花粉症
  • 目の表面に花粉ハウスダストが付着し、かゆみ充血異物感、などの症状を引き起こす病気です。
  • 花粉症では、花粉が原因となり、特定の季節に症状があらわれる季節性アレルギー性結膜炎がおこります。
    スギ花粉(1~5月)、ヒノキ(3~5月)、カモガヤ(5~7月)、ブタクサ(8~10月)などがあります。
  • 通年性のものとしては ハウスダスト、カビ、ダニ、ペットの毛、コンタクトレンズの汚れ などがあります。
  • 治療は点眼治療を行い、かゆみを軽くし、炎症を抑える治療を行います。そのほかにも症状に合わせて、点眼薬、軟膏、点鼻薬、内服薬 等にて治療を行っております。

緑内障の症状と治療

緑内障 見え方の変化

  • 緑内障は眼圧が上昇することにより、目の奥にある視神経に異常が起こり、視力や視野の障害を引き起こします。
  • 現在日本での失明原因の第1位とされ、40歳以上では(20人に1人)と有病率が高い疾患といえます。
  • 初期には、はっきりとした症状はほとんどなく健康診断等で初めて見つかるケースが多くみられます。
    (これは視野障害が非常にゆっくりと進むのと、日常生活では両眼で見ている為、もう片方の眼や、脳が見えない部分のイメージや視野を補うことで、症状が自覚しにくい為です。)
  • 「見えにくい」「ぼやけて見える」などの自覚症状が現れる頃には、かなり進行してしまっていることが多くみられます。

  • 治療は、点眼薬にて眼圧を下げる薬物療法が、緑内障治療の基本となり、1種類の点眼で治療を開始します。眼圧が下がりにくい場合や、進行がある場合は、2~4種類の点眼を組み合わせて治療を行います。それでも改善しない場合は、レーザー治療や、手術などが検討される場合もあります。

  • 緑内障は現在の医療では完治させることが難しい病気です。しかし、点眼薬を適切に使い続けることで進行を遅らせ、良い状態を保って生活することができます。自覚症状がないことが多いために、治療の目的を実感できずに治療を中断してしまう患者さんも少なくありませんが、治療をしないと悪化してしまい、また、一度欠けてしまった視野は二度と元に戻らない為、長期的に根気よく点眼を続けていくことが、緑内障治療では大変重要となります。

子供の近視・メガネ処方について

視力検査
  • 学校の視力測定などで、裸眼での視力がおおよそ、0.7〜0.6以下になりますと、教室の座席の位置によっては、黒板の文字が見づらかったり、目を細めて見てしまう場合がでてきますので、メガネの使用が検討されるタイミングとなります。
  • 近年の学校検診においては、視力をA、B、C、Dの4段階で表しております。C(0.6〜0.3)、D(0.3未満)の場合はメガネの使用が必要になってきます。
  • 視力測定値の見方
    A (1.0以上)   (教室の後ろの席からでも、黒板の小さな字までみえます)
    B (0.9〜0.7)  (後ろの方の席からだと、黒板の小さな字が見えにくくなります)
    C (0.6〜0.3)  (前の方の席でも大きな字しか見えず、小さな字がぼやけて見えます)
    D (0.2以下)   (一番前の席に座っても、黒板の字がはっきりみえません)
  • 学校での健康診断はスクリーニング検査といって、病気の疑いをみつける検査になります為、医療機関で再度視力測定を行なった後「異常なし」と診断される場合もございます。
  • 子供の場合は、検査の時に集中ができなかったり、メガネ願望や、ストレス、心の問題などの心因性視力障害により、眼には異常がないのにもかかわらず、本来出るべき視力が出ない場合があります。多くの場合は、何度か視力検査を行ううちに、改善されていきます。当院では子供に慣れたスタッフが、やさしく視力検査をおこないますのでおまかせください。
  • 近視がそこまで強くない場合は、授業中だけメガネを使用するといった使い方でかまいません。また、早くからメガネをかけると視力が落ちるのではないかと心配される方もいらっしゃいますが、正しい度数のメガネを使用すれば、メガネが原因で近視がますます進むといったことはないかと考えられます。
  • 近視は遺伝的要因と環境的要因があります為、なるべく近視を進ませない為にも、姿勢や、暗い場所での読書、長時間のスマホ、ゲーム、TV、読書などに気を付け、1時間に10分程度の休息を取り、適度に目を休ませてあげましょう。

子供の弱視について

  • 子供の視力低下の中には、メガネなどで矯正しても視力がでない、弱視がみつかる場合があります。
  • よく見られるケースとしては、視力の強い左右差があり、片方の目がよく見えている場合、本人が見え方に問題ないと思っていても、もう片方の目が弱視となる場合があります。(不同視弱視
  • また、遠視や乱視が強い場合は視力の発達が妨げられ、弱視となる場合があります。(屈折異常弱視
  • 子供の視力は毎日ものを見ることで発達していき、1歳では0.3程度、3〜4歳で70%が1.0まで見えるようになり、6〜8歳で完成するといわれています。この時期を過ぎてしまうと、視力の発達が難しくなってしまう為、弱視に関しては、早期の発見と治療が大切です。

大人の視力について

【視力合格基準】
原付・小型特殊): 両眼視力が0.5以上 (片眼が見えない場合は他眼の視力0.5・視野150°以上)
普通・二輪・大特等): 両眼視力が0.7以上かつ片眼0.3以上 (片眼視力0.3以下の場合は他眼の視力0.7・視野150°以上)
(大型・二種等): 両眼視力が0.8以上かつ片眼0.5以上かつ深視力三棹法3回の誤差が2cm以内

免許習得・更新日の前日は長時間のスマホ、読書、TV等は避け、目を休ませ、しっかりと睡眠を取りましょう。 視力に不安がある場合は、事前に視力検査を行い、メガネやコンタクトレンズの見え方を確認しましょう。 また、白内障等が原因で視力が出ない場合は、手術が必要になる場合がありますが、その場合、一般的に術後に視力が安定するまで、1〜2ヶ月程度かかるため、免許更新の前に余裕を持って治療することが必要です。